07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-06-21 (Sat)
5月の末の、病院は、あまり気分がよくなかった。
漸く腹関係の疑惑が晴れたところだったけど。
レントゲン取ったら、右肺のすみに、なんか影があって、また肺炎かもしれないなと。
しかもオリは、右背中とわき腹に、やや筋肉痛のような鈍い痛みを感じていたからだ。
 次回またレントゲンと血液検査をするってことで保留してきたんだけどさ。
その日から、背中はむろん腕の付け根まで痛む。
ネットで検索すると。
見つかりにくい肺がんで肺の上部にでき、腕や背中が肩こりのような症状を起こす。すぐ死ぬ。と出るんだなあ。
またはわき腹の方は、肝硬変だと痛むらしく、もう治療はできないに等しい。すぐ死ぬ。とでるんだよなあ。

しかも酒飲んだ夜にはけっこう憂鬱になるような鈍い痛みが。

一昨日とその前、酒を止めた。これまでは寝る前だけ1~2杯のんでたけど、それを0にした。
なんか気分いいんじゃね?

で、今日、病院。

「あれ、レントゲンとんねえの?」

「あ、この間の見たら、専門の先生にも見てもらったけど、以前の肺炎の跡だろうから問題ないよ、来月レントゲン取って様子見ようよ」

「んじゃ、血液検査は?」

「炎症とまではいかない数値だね」

「肝臓とかはどうなん?」

「なんか、不思議と数値が下がっているんだよ」

「やっぱ、ここ数日、酒控えているかね」

「…いや、だってこれ先月取った血液データだよ」

「……」

「「ただ、さんざん飲んでるくせに数値が低いというのは、すでに肝硬変になってて肝臓が反応しないってのもあんのよね」

「ええ!でも黄疸とか、いろいろ出るはずだからね、今日こんな平気な顔してきてるってのはないっしょ」

「んじゃ背中痛いのは、こことか、こことか、こことか」

「夕食後になるんなら逆流性食道炎じゃないかねえ」

きりがないね。本当に初期の癌でないことを証明するには、気管支内視鏡とかつらい検査を受けなばならぬし、それで問題なしでも、数か月後にはどうなってるかわからないから、また検査。
何度ほっとしても、いつかは深刻な状況になっていることが判明するのだおね。

だって死に至る病気にならないまま、単に生物としての肉体疲弊の限度を超えて生物活動を停止するっていう、いわゆる老衰で死ぬ人ってめったにいねもんね。

しかしまあ、今日のところは肝臓数値も下がったから、そこそこってな感じで酒のんでればいいのかもしんないね。
スポンサーサイト
| 家庭の医学 | COM(0) | | TB(-) |
2012-12-11 (Tue)


ぼくはいつだって大人しく待っているのです。

時には。

「光よ光よ、我に光よ」とか呟いている人がいたって。

うんうん、ワレハ光だおね、と黙っているのです。

「まあそのあれだね。妻がね、下剤が欲しいと。もう下剤を飲むことだけに神経がいってるので、ッ処方された下剤を一回分飲ませてあげたいんだがねえ」

あきらかにカツラ風のオジサマがねっとりと窓口にいうわけね。

「ああ、それでは、奥様は下剤を飲まれることだけに神経がいってらっしゃるから、一回分飲まれた方がいいかもしれませんから、センセイに聞いてきますね」

いらっときました。

それでもセンセイは許可を出さなかったか、忙しかったか。

「さっきも言った佐藤なんだけどね、まあそのあれだね。妻がね、下剤が欲しいと。もう下剤を飲むことだけに神経がいってるので、ッ処方された下剤を一回分飲ませてあげたいんだがねえ」

「ああ、それでは、奥様は下剤を飲まれることだけに神経がいってらっしゃるから、一回分飲まれた方がいいかもしれませんから、センセイに聞いてきますね」


タイムスリップでしょうか。


状況的には、一向に、その妻というかたは一回分の下剤を飲ませてもらえないまま処置室にいるようでして。

佐藤さんは、別な主張をはじめたのです。

「ええとですね、妻が。下剤を飲ませて貰えないなら、家に連れて帰って飲ませますから5:00にタクシーを必ず読んでください」

「わかりました、奥さんに下剤を飲んではいただけないので、5:00にタクシーを呼びますね」

五時になると。もう誰もがきになっちゃうのですね。
だって、佐藤さん。何度も壁の時計をムッとして見るのですから。
もう、そこにいるすべての人が。タクシーちゃんと来て!ってかんじでっす。

「どうなんですか?もう5:20ですがタクシ来ないでしょ?これでは妻も僕も困りますでしょ?」と新党大地のような口調なので。受付の人も困っておりましたの。

ドアが開いて。制服を着たタクシー運転手が。

「お待たせしました、後藤さんいらっしゃいますか?」

無言。

いろいろあった。

早い話、病院からタクシーを読んだ際に。佐藤と後藤を取り違えたらしい。

でも、普通は、「あ、あたし佐藤だけど、きっと後藤と間違ってるから、あたしが乗ります」というはずだけど。

「アタシは佐藤だけれど、後藤さんのタクシーは着てるけど、アタシのは着てないのん」と言い張る。

ま、当然、後藤佐藤タクシ間違いとか、看護師とタクシと佐藤さんで話し合って。

なぜか佐藤さんはアタシに敬礼をして外に出て行ったのです。

アタシは、なんだか興味があったのと。タバコが吸いたいので、佐藤さんがタクシーに乗る場面にいた。

「奥さんは乗らないのですか?」とアタシが小さな声で訊ねると。

「は、俺は独身だからな妻なんていね」

「え?でもさっき奥さんに下剤を飲ませて、とかってゆってましたよね?」

「ゆってません!」

「!!」

「それは何か白髪の爺さんだったろ?」

僕は、白髪の爺さんにむかって。なにもゆえませんでした。




詳しい話を、診察の際に精神科医に言ったのですが。

「妄想とかは、いいけど、他人には話さないほうがいいすね」医師。

「そゆこと言うのは、きつねだからですね!」強めに。

「は?きつねってなんすか?」より強めに。

「いえ、ねんでもなうっす」弱弱しく。

今回もアタシが異常ってことで、おはるのでした。
| 家庭の医学 | COM(9) | | TB(0) | |
2012-10-29 (Mon)


秋も深まるころ。

アタシの喉はノイズを発する。

喘息だから、この季節は否応なくそうなってしまう。

ただ、ゴロゴロ、とか、痰が絡みついたようオッサンの音とは違う。

判りやすく言えば電波だ。電波の音が喉からする。

でもただのノイズだとも思えないのだ。

体の方向を変えると、ノイズの種類と強弱が変わる。

アタシは胸に内蔵フェライトバーアンテナを入れているから、方向によって電波の受け方が違うんだろうとおもう。

「びーびーびー・・・こちら・・・にほん・・・たんぱ・・・放送です・・・」

口から音が漏れてきた。短波放送は受信できるんのか。

FMはあのフェンシングみたいな剣風のアンテナがないと駄目なので。針金のハンガーを?を上に頭にかぶってみた。

ばんは、NHK-FM、音楽の夕べです、一曲目は。そろそろでしょうか。
ビングクロスビーのホワイトクリスマス

あの有名な歌がアタシの口から流れてきます。

ここで誤解のないように言っておきますと。

アタシはラジオ放送を受信する能力は持っているわけですよね?

でも、それを音として再現するスピーカー装置は持っていないわけです。

だから、唯一の発声器官である、アタシの声帯を通して電波が再現されるのです。

ですから、他の人から見た場合に、私が勝手にDJをやっていたり、歌を歌っているように見えることも、また事実なのです。

しかも、アタシの声帯の能力には限度がありますから、和音とか高温を出すことはできません。

んじゃあ、同じ番組をラジオで流して、アタシラジオと比べてみればいいではないか、と思うかたもいるでしょう。

でもアタシの場合は受信して理解し、自分の声帯に割り振って、というソフトエンコードともいうべきタイムラグがでることで実放送に遅れてしまい。

「自分で勝手に真似してんぢゃん」という心無いご批判を頂くことが多いのです。

こうみえても年末近くは。

「さんたくろーしずかみんつーたうん」とか

「暗い夜道でぴかぴかの、オマエの鼻が」とか

歌わ猿を得ないケースが多いので、そういうときは布団をかぶっているのです。


「ま、それらを総合しても。たんなる気のせいだな」

「え?だれ?」


続く


(ウソ)
| 家庭の医学 | COM(4) | | TB(0) | |
2011-10-18 (Tue)


震災の被害は大きいほどえらいのだろうか?

いや、最近の報道では。うん、報道がいかに変かはいずれ別に書くけど、そんな感じ。

一般論で。「いや、俺は家も家族も無事だったけど、こわかったよ!宮城だから!」

という人が。

「おまえ、俺は、家も流されて家族もみんな死んだ!」

しーん

みたいな。被害が大きい人から言われたら。そうでもないひとは黙らざるを得ないような。

アタシも当初はそんな気もあったかもしんない。「被災地を見て無いやつは口出すな」のような。

でも最近はかなり多い。ごかいしないでほしいけれど、被災者がそういっているとは限らないということ。

古い例では。「死の町」

もう誰でも言っていたよね。ゴーストタウンとか。ま、「オマイがゆーな!」という部分もあっただろうけど。

「傷ついた」「許せない」

本当に、福島の被災者がゆったことばか?それはさ。避難所に行って。「死の街っていってましたが」と聞けば。「うんうんそうだおね!」という人はいないだろうし。仮にいてもニュースには採用しないだろう。

でも一般的にはさ。被災者がすげー怒ったように書いてある。


どこだったかの花火。福島の花火やる→放射能降るだろと苦情→やめた→逆に被災者側から非難続出→主催者がマスコミに謝罪→福島の花火製作の町に行って町長に謝罪。

これよお。本当に福島の被災者が、福島で作った花火をぜひ使ってーって熱望したのかよ。

今だに関東や、福島中通りで絶望的に過している被災者が。福島産花火を見たいっていったのか?まずはそこを押さえないとダメじゃない。

そんで、福島の花火をするって。放射能降るじゃんて電話来て、中止。肝っ玉ねーのか。震災前に作った花火玉を屋内に安置しておいて(法的に屋外は無理)、放射能でるわけねえじゃん!

苦情でやめると発表して、数千件の逆苦情。あ、ただ、これを被災者の苦情としてるかっていうと。内容は誰も確認してない。

市長だかが。わざわざ福島の町にいって。

「すんませんですう」

「つぎはきをつけください」

時間と金の無駄だつーの。

これの住民インタビューは二件くらい。「ああ、いやですねえ」とか。取材して無いからだんげんはしない。

「花火でもなんでも関係ないから。はやく、ウチに帰りたいよう」

※これは想像だけで書くとよろしくないので。知り合いの知り合いに取材しました。他は創作になりますな。

これはメディアが始めたのでしょうが。被災地の人を怒らせてはいけないので。そういうことのない表現をしようというような動きが見え。

被災地と離れた地域での行動を「不謹慎」てきな取り扱いをしている傾向があります。

だって、絶対の正義は被災地にあるでしょ?何を言っても「こっちは人が死んでるんだ!」と。
とは誰も言ってないけれど。。メディアは勝手に代弁するの。

なんだか福島で作った橋桁も「放射能が~」とかでクレームがきたとか。

本当にそんなクレームあるのかなあ?だって洗えばほぼ大丈夫ってことだし。橋桁は食べないから内部被曝もないっしょ?

ここで放射能から逃げて移住する人!とか東北の食材が問題になってくる。

すごく混沌としてんだよね。安全がなにかは。

本来はラインが必要だ。当然だおね。

国も科学者もいろいろいってラインがねーじゃね?

「危険だ!」という派も、「直ちに影響はない」という派も。どっちも自信がないんではないか?

だって、医学的、科学的にみて。判断のサンプルは原爆とチェリにブイリだけじゃない?

これだけの研究では今回の原発がどういった影響を与えるかは断言できないはずなのだ。

だけど、影響が反映すると思われるのは数十年後だから。大事をとって・・・という理屈もよくわかるのだよね。

現状は。まず内部被曝が問題とされる東日本の農産物、海産物は。政府が、被曝数値を検査して取り決めたものだけが出荷停止となって市場には出回らず。東電の買い取り補償ということだろう。

けれど、福島とかの生産者が「安全な桃!」とかいって即売してるよね?」

むろん、数値検査はしたんだろうけど。

こういうのを買ってくれる、首都圏や関西の方の善意には感謝するけれど。

いいのか?って思う。

土壌と食物の被曝数値を計るカウンターは別物だろうケド。

これって。どう考えても。規格は統一されてなければいけないでしょ?

だって個人がヤフオクで買ったような計測器で測ったものを。「安全です」といって流通させちゃだめだと思う。

だからこれは国が統一もしくは認可するべきなんだよね。各カウンターをメーカー、動作で検査して国の水準機器として認可する。

それを使用して、国の出荷基準は別として。民間で測定した数値を商品に添付して、購入に関しては自己判断すべきだと思うのだ。

だって、嫌な人は無理して食べなければいいけど。飲食店で使用されたら。もうわからない。

やや話はかわるが。

新聞には「今日の放射能情報」みたいなのが地図として載っている。

ほお、仙台は低いね!でもなんで女川だけ高いのかね?とか。

まともに受け取るけど。

データの出所は。県、国、電力なのだ。

「うそばっかで信用できねえ」といってたくせに。

なんで、そのままデータ載せるかね?

福島民友も福島民放も河北新報も最低だ。

メディアならば。顧問の科学者を招いて。信頼できる計測器で。もっともっと細かく。街単位まで放射能汚染を調べて、データを載せるべきでしょ?

それが地元新聞の役割じゃん?

県や、電力に行って、発表されたデータを聞いて来るってのは。取材でも報道でもない。

それで。話はもどって。

東北、関東から西へ避難しているひともおおいようで。ただし。福島県の人は多くが内陸部・・・といっても放射能汚染が高い地域に留まっている。

これは。「住んだら死ぬ」ていう化学的な通達が無い以上。

個人の自由な判断だおね。

例を挙げると有名な「きっこのブログ」のきっこさんは、かなり早い段階で西日本に避難した。

むろん、いまはわかるように東京とか関東でもヤバイ的だからね。

海外に逃げた人も多い様だけど。それらはいいと思う。

見捨てて逃げて外でいろいろゆうな!という意見もあるけれど。

これは津波の時と同じだろう。

多くの年配の人は。逃げようと言われても。「なんだ臆病だなああ、大丈夫だよ」という感じで説得をできる状況ではなかったらしい。

俺もそうだ。「高台に逃げるか、中学校に行こう」といったけど。「チッ」と舌打ちされて無視だもんな。海に近かったらしんでたよ。


だから、早く逃げすぎとか、見捨てやがってとかというのはダメだろう。

でも。西日本とかってどうなのか?九州だって。

今は風向きのせいか数値は出て無いようだけど。

根本である水が汚染さてでしょ?水は地球の廻り者っていうけど。

大陸にも影響があって訴訟を起こされるとか言われているのに。日本国内が安全だってどうなの?


海外だって例外じゃない。水は雲になって必ずやってくるのだ。

ところが。

きっこさんとやらが。

「避難は生活保護受けているレベルで可能だ」(多分)

とか。避難していない人たちが、いかに危機感がないバカであるかというようなツイッターをした。

そんで2CHの「ひろゆき」が。福島で避難しない人は日銭が大事だ」と発言。(これはネトウヨニュースなのでうそかもしんない)。

いいけどよ。避難するしないは個人のじゆうであって、それを批判するてのは余計なお世話だおね。


自己判断で、費用を使って避難した人はそれはそれでいいわけだけど。なんで避難しない人を批判するのかなあ?

ここらへんで。ちとどこかに書いたけど。危機感のずれがでてるようだ。

西日本やそっちに逃げた人は。東日本のモノが入ってきて汚染されるのがいやなのだろう。

差別だってあると思う。

だって、宮城でもナンバーみて凍りつスタンドマンいるもん。(オリは福島ナンバーなんだおね)

表の社会では。差別的なことは言わないだろうし、言われないのだろうけど。

言えないところで言われているはずだ。

取材したわけじゃないけど。東北では放射能の危機感は少ないだろう。

それは、もう被曝しちゃったもんね、という諦めもあるかな。

これは続くのかな。

ていうか。

数年後に福島において農業、漁業が認められのだろうか。

つか、今年分は補償したけど、来春、コメ作りをして。結果で東電が
補償するのか?

放射能汚染がなくなるなで・・・だと永遠だけど。東電が補償するんか?
しない方向だよね。

バカの河北新報には。毎日。

ワカメの養殖うむを開始した米山さんと子供達。といった記事。

くだらねえ!

もう。

かなりズレがでてきている。

関西で、東北の食物を食べようという応援があることも知っている。

一方では。獲れた秋刀魚ただで配布(放射能数値は不明)

いいのか?被災地。あちこちで。秋刀魚とかアジ焼いて、食わせて。

それが復興かよ?

よくわからなくなってしまったけど。

オレは、放射能とかでキーキー鳴く奴も嫌いだけれど。


あまり鈍感なのなあ、とおもって。

こりうむこりうむ



















| 家庭の医学 | COM(6) | | TB(0) | |
2011-09-18 (Sun)


へへ。らこだす。

こんな時間に記事を書くと。

また呑んでそのまま起きてたんじゃね?と思うでしょうが。

やや寝ました。

黄金のうたたね、か?

酔って寝たりとか。睡眠薬での眠りってのは。不自然に無意識の中やってくる。

けれど純粋な眠りの欲求は、誰もが知っているように。

左足の土踏まずから入ってくるよね?

それは、どんどん上半身まで来て、頭でぐるっとまわって。

右足の土踏まずから出て行くでしょ?

けれど、北枕の位置だったせいか。ねむることはできなかった。

とても強い眠気は。

右足の土踏まずから侵入してきた。

逆だよね。

逆はいけないから抵抗したけれど。

それは、どんどんはいってきて。

この感覚は誰にでもわかってもらえると思うの。

ほら!

人って、だれだって。

以前は。

はむすた、として、暮らしたことがあるぢゃない?

ふつうは、そのときに、撫でられるのは。

毛並みに沿って・・・まあ、順手というような撫でかたかな。

今回は、逆撫でだよ。

びくっとして、むかっとするけど。背徳的な心地よさがあり。

そのまま。気持ちよさは。逆流して。左足の土踏まずから出て行った。

これは。特筆すべき素晴らしき良きことであると。

おしえてあげようと思って。主だった人のブログを読んだのだけれど。

そう。

逆撫でで、かわいがってもらうと。すげーイイの!と言おうとしたけど。

誰もがみんな。

過去に短い時間ではあっても。

はむすた、だったこと忘れているようであり。

告知をあきらめたのであった。

勿論、これから再度寝て、起きたときには。

そんなことはわすれているんだおね。

きっと。きっと。お昼につくる。

冷たいラーメンの話は。

かた次回だなあ。
| 家庭の医学 | COM(8) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。