05≪ 2010/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2010-06-28 (Mon)


らこなのう!とかゆって!はは!

27日に。葬儀を終えました。

たくさんのお悔やみのコメントありがとうございました。

日付がずれたので、個別のコメレスはせず、この場を借りてお礼をさせていただくこととしました。


葬儀当日は、妻実家に帰ったのが17:00かな。そこで家に簡易祭壇を作るのと葬儀で飾った花を家に移動するので葬儀屋が来て、ようやくほっとしたのが19:00近くかなあ。

ええ、さすがに疲れましたの。喪主ってのも初めてだしー。やることはわかってるんだけどね。

20日の日曜日からいつ呼ばれるかわからないのでお酒はなし。

通夜や通夜の前日は車も運転しないから呑んでもよかったのだけど。

やっぱ素面のまますべてをやるべきのような気がして終わるまでは呑みませんですた。

27の夜から自宅に帰って来たんだけど、ダラダラしちまって。今日やっとまた動き出せるかなといった感じ。

まだまだやることは山積みなので週の半分は妻宅へ行く事になりそうです。

なのでなかなか落ち着いていつものような記事は書けませんねえ。

お仕事ぢゃないけど。久々に本気になって動いた数日でしたし、アタチの生活が今後大きく変わるであろう出来事でもあったわけです。

細かいお話はおいおい書いてゆきます。

ではではー!はは。

スポンサーサイト
| ブログ | COM(16) | | TB(0) | |
2010-06-26 (Sat)
はは。携帯だと打ちにくい。今日、お通夜ですう。
| ブログ | COM(8) | | TB(0) | |
2010-06-24 (Thu)


らこですう。

着替えとシャワーの為に家に戻ってますう。

昨夜は妻実家宅に泊まったのだよね。

朝、病院に行こうとして車に乗ろうとしたら。

紙が貼ってあんのよ。

ち、となりのジジイ、嫌がらせで貼りやがったなと思った。

家の前は公園の近くの住宅街で車も滅多に通らない。

道幅もセンターラインは、ないけど車三台はらくらくすれ違える広さだ。

だからいつも家の塀にくっつけて路上に停めている。

うん、車庫は別にあるんだけど扉開けるの面倒だしさ。

20数年そうやってきたのに。

そーなんにょ。

警察の駐車違反のステッカーだお。

でもさあ、警察や交番に出頭しろとか書いてない。

「この車の使用者は公安委員会から放置違反金の納付を命ぜられることがあります」

あによこれ?

「ことがあります」ってさ。あるかもしんね!ってことぢゃん?

ニュアンス的には確率50パーセント未満って気がしね?

気にしなくていんぢゃね?

とか思ったけど。

ググってみたら。

昔よく居た、知らんふりして逃げる奴を許さないための措置だと。

このまま放っておくとね。車の所有者に放置違反金の督促が行くのだって。

それでも払わないと車両の使用禁止。

そして車検が受けられないようになるんだと。

ま、今年車検受けた時は廃車にしようと思ったんだから二年後に車検受けなければいいかのう?

けど走ってないからまだ25000キロ。二年後も35000もいかないと思われ。

しかもきっと絶対、廃車にするときも放置違反金払ってからじゃないとできねーよーになってんだろなあ。

うう。どーすんべ。

車の所有者は前の会社。そんで会社の住所には今は事務所はない。もしかすっと社長の今の自宅に転送されるかもしれないけど。

どうすっか迷うなあ。

上記の流れでオリに督促状を納付書を転送してもらって会社名義で振り込むと。免許の減点はゼロなのだよね。乗っていた個人を特定できないからさ。

警察署に、ステッカー持って行って「すんません」って免許証出すと、3点の減点なの。
そして反則金も。

金額はどちらも同じ、18000円!

なんかなっとくいかねー!

絶対に邪魔にならないし、深夜から朝までだし、駐車禁止の標識もないし!・・・ってホントは交差点(つーか住宅地の四つ角)から5メートル以内だったかららしけど。法的には文句言えねな。

オリ的には迷惑度としては1890円分で充分だと思うんだけどなー。

20年ぶりに違反してしまったことになりんこ。


さて、そろそろまた病院に。

あーでも18000円いつかは払うのかと思うと。

下を向いてしまうオリがいます。

| しょうもない話 | COM(5) | | TB(0) | |
2010-06-23 (Wed)
らこですう。

今日は妻実家からです。

毎日病院泊るわけにもいかねし。(部屋が狭いんだおね)

病院から家は車で10分くらいなので夜は待機ですねう。

さてワールドカップ日本戦は明日の朝方ですがあ。

えてして。日本て、くには。

「駄目駄目、やめちまえ!」てーとけっこう頑張ったりして。

それに気をよくして期待して騒ぐとあっさり負けたりする。

むろんこれは巷の人ってわけでなくてスポーツマスコミがそういう風に煽ってるんよね。

だから負けても北朝鮮風負けをしなければ「よくやった」とかゆうかもな。

もしかして日本が勝つと。

次はパラ具合だったか。うる具合だった忘れたけど、やっぱ強いところなんで。

いずれにしても「惜しい!」という話で終わるのだろう。

ちょっと国際スポーツに関してのマスコミ姿勢は韓国に似ているかもー。


なんか、あすは。いろいろで、見られないかもなー。はは。
| ぬくぬく | COM(6) | | TB(0) | |
2010-06-23 (Wed)


らこですう。

昨日の記事は誤字めためたでしたが酔ってたのではなく睡眠薬飲んで書くとああなるのん。

ま、あっちの方は今日も変わらず。ってか呼吸が速くなってきたので。どなのかな。って感じ。

無論、お酒は呑んでないけど。2リットルのお茶買ってきて呑んでたんだけど。

何度か目にお茶をつぎ足したときにさあ。

あ、これ、重さも大きさも同じだけど!お茶の横にあったウイスキのペットボトルぢゃね?

とかゆうてる間に、どぼどぼグラスにウイスキが注がれたわけで。

これは!神の啓示か!とか思って。

思わずすすりそうになったけれど。

呑んだ瞬間に”容態急変”の電話があるような気がしてやめた。なんだかオリが呑まない限り大丈夫なような気もしてきたからだ。

なのでグラスにナミナミ注いでしまったウイスキは流しに勢い良く捨てて・・・とゆうことはできないので、ラップをかけて冷蔵庫に入れますた。はは。

ところで。

いままでいったことあったかどうか忘れたけどオリには姉がいる。

二つ上なんだけど、あまり仲はよくない。つか一方的にオリが避けてる。

ま、品行方正っつう奴でね。どーしよーもなかったオリとはソリが合わない。

姉は幼稚園の教諭?になって。公務員と結婚。

夫は誰もが認めるしっかりとした男で、オリも世話にもなったし尊敬しておった。

彼が47歳のとき。

死んだ。

普通に仕事から帰ってきて。いつものように過していつものように寝て。

深夜に呼吸が止まってそのまま逝った。なんの病気でもなかったとのこと。

ショックは大きかったようだ。

けれどオリが着いた時には家族は赤い目をしていたものの、やや落ち着いて時折笑顔も見せたりもした。

彼らが一番取り乱したのは火葬のときだった。

ホテルのエレベーターのような火葬装置の中に棺が消えて扉が閉まる時。

子供達は声をあげて泣き、姉はその場に座り込んだ。

もう二度と見ることができないということは、たまらないことなのだと思う。

何十年かけて世界の果てまで、ジャングルの奥まで探し回っても会うことも見ることもできない。

永久の別れというのはそーゆーものなんだろう。

ただね。遺体があったときは比較的哀しみが薄い気がすんの。

子供達なんかも何度も何度も棺の扉を開けて父親の顔を眺めていた。

そうして、その前よりは、ほんの少し安心したような表情をするのだ。

なんつか。急死で事故でもないから。寝てるように見えるの。

だからそう思おうと思えば思えるような気もする。


病院で死を宣告された時はそれは泣いただろうけど、誰もが医師じゃないから理性的に事実を受け取って判断した結果の哀しみという感じかな。

今の義母の状況もそうかもしれない。

妻のいとこが来たりしても本人は眠っているだけなので周りで会話する。

けっこう深刻な病室に似合わない大きな笑い声が出ることも珍しくはない。

いびきをかいて寝ている義母は医学的にはもう脳死状態らしいし回復の見込みはない、と言われているのだけれど、なんだか、ただ寝ているような気がしてしまうの。

もちろん、これが若い人だったり自分の子供だったりすれば祈るような気持ちなのだろうけど。だから意識不明状態がよいと言ってるわけじゃあない。

ただ死んでこの世から消えるくらいなら意識がなくても顔が見たいってのが家族の思いかなあと。

けど、まあ死んでしまう人もいるわけで。

なら本人とそっくりな人形があればいんじゃないかと。

今の技術ならシリコンとかの素材で精巧なのが作れるし、目をつぶって寝ている表情で、あとは音をたてて呼吸しているように見えればいいのだ。

これを寝室の布団に寝せておく。

学校から帰って来て、寝室をのぞく。

「ああ、父ちゃん今日も寝てんだ」となんか安心すると思わね?

爺ちゃんと婆ちゃんだったら奥の間に二人並べて寝かせておいて。なんかの時にちょっとのぞくと、軽くいびきをかいている。

「ああ、二人ともよく寝てるな」って思うような気がすんだけど。

ただ問題はこの人形をいつ作るか?ってことだ。

死んでから火葬するまでは数日だからその間には作れない。急死する人もいるから前もって用意しなければいけない。

でも30歳で作った人が60歳で死んだらば、外見が変わっているから使えないもんね。

どうするか?正解は!

毎年作る!

そう、生まれてから毎年作って新しい人形ができたら古いのを廃棄するのだね。そうすれば常に本人に近い人形が準備されているということになる。つまり誰も死んでいない家では、押し入れに家族全員分の人形があることになるの。


ただもっと困る問題もあるよね。年月が経つに連れて寝室に寝せる人形が増えてしまう。部屋がなくなっちゃうよね。結婚したり子供できたら、またその分も人形作るんだし。

公費で人形センターを立てねばなるまいと。別に住むわけじゃないからスペースだけでいいの。

そこにたまに顔見に行くみたいな感じかな。

別居はしてるけど元気で寝てるじゃん!つー雰囲気。

ま、何代も続くと人形はどんどん増えるけど。数代前の先祖は子孫が見ても何とも思わないからミニチュアにして箱に入れておくとか。

けど嫁いで行った娘とかは困るかな。実家の娘でもあって。嫁ぎ先の母でもあるもん。

この場合は結婚する時点での人形を実家に置いてくればいいのだね。そんで新しい家庭で新しい人形を作ると。

たしかになー。

人形だけの家族も出てくるだろうケド。

それもいいかなと。

オリの場合なら。

若い父と母、小学生のオリ、ちっと意地悪な姉、の四人の人形。

まだ自信満々だったオリ、妻、小さなクマキチ、の三人の人形。

人形だけど。

この家族には。

いつまでも別れがくることはないの。


はは。くだらないな。寝ますう。
| ブログ | COM(12) | | TB(0) | |
2010-06-22 (Tue)


らこです。

義母の状態は時間の問題つーかんじ。

医師からは呼吸してるけど脳死状態とゆわれてるので。

まあいつ逝ってもおかしくはないと。

んで嫁と娘が病院に泊まってますう。

三人は狭くて止まれないのでオリは家に。

電話来たらすぐ車で出るのでもちろん呑めねー。うう。

つーことはアレか?義母が持っている限りオリは呑めないってことか?はは。

一年くらい頑張ってくれたりして。

んでまあ、そういうことになると葬式の手配やら何やらはオリがメインになるんだよね。義父の時もそうだったけど。アン時は元気あったあった時代だからねえ。もう十年近く前の話だから金額も覚えちゃいねえの。
でも、当時は金はあったから、あまり考えないで頼んでたけど。今はカネナイから同じことしたらヤバイしさあ。

三日くらいまた徹夜すんだろうなあ。

しかし見るほうからすると、末期の肝ガンだった義父と違って、つらそうではないところが救いではあるのね。

症状だって朝起きてトイレ行こうとしたら、固まって意識なくなったてなもんだし。


しかしオリは昔から先を読まずになんとかなるんぢゃね?的にやってきたのだなあ、と。


まず長男と長女の結婚で、オリは婿にはなりません、て時点でアレでしょ?

回りからは、んじゃあんたら夫婦で両家の親を面倒見んのね!そうなのね?という感じになるもんです。

まだ若かったから「いーんぢゃねいーんぢゃね?そん時はなんとかなるもん。嫁の妹だっているから婿もらう手もあるぢゃなー」とかゆってたんすけど。若者だから遠い先の話だとおもっていた。

数年後に妹は交通事故で死んじゃって。

もうオリら夫婦が唯一の親族みたいになってしまった


けど両親共に元気もよくてさ。まあまだまだまだだろう。それまでなんかかんがえよとかね。

でもそうこうしているうちに義父が末期ガンになってあっさりにかに二ヶ月で逝った。

義母一人暮らし決定ぢゃね?でもオリの母も一人暮らしだしー。

放置して福島になへりますた。けどこれだって、どっちかの親が倒れたらどうすんべーという問題はあったわけですが。

ま、そーそーつ続くわけもねーべさ。ってことで考えないように暮らしてた。

オリが都落ちして仙台へ戻って。

オリnお実家で母オリの家族ミチミチで暮らしておおったのだかが。

義母が脳梗塞で倒れる。

三ヶ月の入院義に受け入れる施設かみつからない、つーことは自覚介護だよね。

だから嫁と娘が義母宅に住んで介護することとなってオリの家は別居状態と。ま、オリも母親が一人でいるししね。

春からクマキチが大学に行って、嫁は一人で面倒見る事になった
けど、一人減って楽にななったんしょうか。

これがまあ10年くらいは続くかなあ、と。根拠もなく。

三年弱ですた。

これで義母の家には相続した妻が一人で住み。娘は大学の寮。オリは自宅となってしまし、こーゆーのが許されるのかどうかなはわりません。

これが昔風の家だと妻はオリの嫁でオリ家の人間だから仏壇を寺で永代供養して
しまってオリの家に戻るってところでしょうか。永代供養は200万円くらいかかるらしし。。

かと言って家庭に二つの仏壇があるのは好ましくないわけで。

やっぱ別居が続くんんですねえ。

そして健在のオリの母もいずれはそうなると。。いずれはクマキチも一人暮らしるだろうから、三人の家族が集まって済むということはナイのかもしえないなあ。


ま、遺産はほとんどないので。古い家と土地の相続税払えるかどうかもわかなんけどねえ。

なお、お葬式大勢に入った場合はアタシはケータイができないのでペタもお返しできませんぬ。

じゃあああねえええ。

| ぬくぬく | COM(18) | | TB(0) | |
2010-06-19 (Sat)


らこです。

今日はダーツの大会で出勤の予定だったけど。

義母がまた脳梗塞で倒れて意識不明状態なので病院にいくっす。

もしもバーイはブログはちとお休みかしら?

まだどーなっかわからねえの<


では!/font>
| ブログ | COM(7) | | TB(0) | |
2010-06-13 (Sun)


らこだす。

ってまあ、こんな記事ばっかだなあ。はは。

一昨日は断酒のリバウンドで。

ダーツバーから盗んできたカクビン1本をまるまる呑んでしまった。へへ。

なので昨日は死んでおったわけで。

もう酒もお金もなかったので当然呑まない日となったわけで。


今日はM君が楽天のデーゲームを見に行ったのでオリがダーツバー開店番。

あんま客はこないなー。日曜だしね。

もちろん。

もうノン$のです。酔わない程度にね。

多分Mはでろでろに酔って帰ってくるので。

オリが閉店までやるのだろうなあ。

なんかお腹すいたけど。この店にはスナック菓子以外の食べ物は、ねー。

酒飲むしかないのだよなあ。

では、またー。

ははは。中身がなにもねーなー。
| アル中 | COM(6) | | TB(0) | |
2010-06-10 (Thu)
$らこブロ











らこです。ぼくの頭の上の放送局はお酒を絶ってる今日も鳴っています。

一応内容は日替わりなので、一昨日は津軽三味線でしたし、昨日はクリスマスソングでした。

今日は、どうしても思い出せなくて数時間かかってやっと思い出しました。

お座敷小唄!これがエンドレスなのですが、この音源というのがMP3とかでなくアナログレコードであること今日判明しました。何故かというと、針が飛んで同じ歌の部分を永遠に繰り返して放送するのですね。

しかもなかなか放送局の人が気づかないのか針が飛んだまま放置なわけです。

いらいらしていたら、やっと静かになって、今度はクィーンがかかりました、曲名はわかりません。

それでは本日の日記ですう。


ぼくは、きょうもおさけをのまなかったので、すげくえらいとおもったのですが、だれもほめてくれませんでした。

でもみっかもお酒をのまないとあたまのなかがすっきりするのです。

あたまのなかに、たちこめていたこいきりが、しだいにすっとはれてくるようなきがします。

どんどんはれて、あたまのなかが、ろしゅつして、とてもすずしいようなきもちなのです。

みっかかんでこんなに、はれるなら、いっかげつも、おさけをのまなかったら、きりはひとつのこらずはれてしまって、すずしくてきれいなあおぞらだけが、ぼくのあたまにのこるのかもしれません。

そうしたら、もしかして、ぼくは、なんというか、どんどんあたまがよくなって。とんでもなくすごいものになれたりするのでしょうか?

でもよくかんがえたら、もうこんな、としなので。いまのまま、なににもなれなくてもいいやとおもいました。

それでも。すこしあたまがよいときに、なにかをかいてみるとじょうずにはかけないの。

とちゅうまでかくと。かならず、わざとらしいんじゃない?とか。おせんちなんじゃない?ってあたまのよいぼくが、ゆうのです。

そしておさけのみのぼくと、あたまのよいぼくがそうだんして。やっぱりこのきじはださいなとなり。

しね!とさくじょしてしまうことがおおいのです。

おさけをのんでいるときのほうがよいのがかけるのかしら?


でもげいじつかのひとは、おさけをのんでつくったものはよくないともゆいます。

そのうえぼくがかいたりするものは、げいじつではないわけで。

まよります。こまります。

でもあしたにはきっとおさけをのむひなので。

あたまのなかは、くもりのちあめになるでしょう。はは。


これからのお届け予定。

順不同

1、原点に戻って絵が豊富な絵日記(新作)
2、幻の女(再録)
3、もーはのひみつ(再録)
4、ラブホ潜入裏方物語(再録)
5 少年探検隊。青い屋根の家
6 青森の直線道路(再録)

とまあこんなところですかね。どれからやるかは未定です。再録は消ちゃったブログの過去記事にあったものを書き直すということになります。

よみたいひといるんでしょか?ではー!
| アル中 | COM(16) | | TB(0) | |
2010-06-09 (Wed)


らこだす。

なんか書かなかったけど墜ちていたわけではねーです。

久々に酒を呑まないで寝た翌日は三時間しか寝ないのに5:00に起きちゃったの。昨日ね。

車でお出掛けして用足しが終わって。すぐ帰ろうかと思ったのだけれど。

やっぱり妙にやる気があんのよね。

社会保険庁行ったり区役所行ったりして書類を取ってきたりしてたん。

でも気分はとてもいいのだけれど楽しくはないのだよねえ。

社会保険庁のソファから西日の当たる歩道を見ていると。サラリーマンが歩いてゆく。

もう仕事がおはりなのだろう。オフィスに戻って。報告書を書いて。まだ明るい街へ出て。

バスに乗る前にどこかでビールでも呑むんだろうか。

ビールいいよなあビール!とかスイッチが入ってしまい。

けど車だから飲みにはいけないし、金だって書類取ったら200円しかねーのだ。

お!そゆえば、車で五分くらいでMのダーツバーに行けるじゃねえの!

駅前だから車停めづらいけど客待ちタクシーの後ろに停めてダッシュして店にいく、と。

んでジャックダニエルを一本かっさらって持って来るという手もあるか・・・いや、さすがにそうすっと店でジャックダニエルが出せなくなるからペットボトルの角瓶だな。

空いてるペットボトルに半分くらいコポコポと移してもらうか。

いやいやいや、そこまでやっては人として遺憾だろう遺憾であるってが?

それで大人しく帰ったのが18:00ころ

酒は無論買ってこなかったので、酒なしで仕事とブログでもやろかと。


そこに電話。Mからだった。

「ひさびさだから今日これから飲みにこいよう!冷たいビールもあるしさあ、角瓶の大盛りハイボールとかいいよう!今日暑いからさあ、ぷはーっ」とかってゆっている。

なんとも嫌な時に電話をよこす奴だぜ。

「いや、金ねえしよ」

「オマエ金ねえのはいつもじゃん、金払ったことなんてねーだろ」

「ぐ!・・・タクシー代もないもん」

「タクシー代なら出してやっから」まあここまで好条件の呑み屋はないのだけれど。

「バス賃の100円しかねー」


「かあちゃんのバッグ探れば120円くらいあんだろ?


「そおういえば・・・」ってオレは14歳ぢゃねえ!

「ま、人として今日は飲みにいけないな、ははは」と冷静に。

「もう人としては過ぎてるんじゃないかとおもうけどなー」

誘惑は断ち切ってブログを書くことにした。もうほら!頭がクリアだから書きたい事がどんどん出てくるのだよね。

けれど書き始めると、頭の中の文章の流れにタイピングが追いつかなくて文章がぐちゃぐちゃになってしまう。なので書けない。

酔っている時は、頭に浮かぶことをゆっくりと搾り出すように書いてたんだけどどっちがよいのやら。


つーわけで今日も精神科には行ってきたけどあとは記事書き。

ええ、呑みたい病は半端じゃなくありまして。

酒は買えないからないのだが、、家庭内の何処にあるがは把握しているのです。

ますは「みりん」!これは駄目だ呑めたもんじゃねえ←試し済み

料理用日本酒1リットルパック・・・元々日本酒が嫌いだし安いのはまず飲めないの(がんばれば)

冷蔵庫に入っている赤ワイン・・・ミートソース用で買ってあるので呑んではならぬ・・・というのをこれまでも何度も呑んだのでワインオープナーを隠されています。

とか言って今にも席を立って酒探しに台所へ行こうとする俺がいたわけで。はは。


明日はどうでしょうか。あさっては車でおでかけなので呑まない方がよいのですが。

日曜日はダーツバー開店から夜までオレが営業するわけで、ま、呑むよね。はは。

そういやさっき。

娘のくまきちから「や!元気かえ?USBメモリは何Gの買えば良いのか?」つーメルが来て噴出した。
だって全然自分は元気じゃないからね。

くまきちは自分で時給が一番良い回転寿司にバイトいったのだが。いろいろあって厨房内では常に泣いているような毎日であったらしい。半ば強引に正月は31日、1日意外は出勤で今度の夏休みも出勤とかきめられたようなの。つーか今から正月のシフト決めるバカはいねーっつーの。

同期の子が約束を破って速攻で辞めたから自分はやめられなかったようだけど。おととい妻が急遽行った時に辞める談話はしたみたいだなあ。(無論本人がね)

まーこういう場合は一概に会社の対応を悪くゆうのは親の常だろうけど。

職場がよくない雰囲気だとか、以上に辛いシフトを半強制する時点でこの店長は無能だもんなあ。

食材コストから人件費、無理ないバイトのシフト、自分の休日、までは大前提としてこなした上で店の売り上げを上げなければ店長とはゆえないのです。そもそも大学生って試験や帰省で一斉に休むから、学生は地元大学・専門学校生徒と国立大つーバランスを常に考えて入れてるもんだけどなあ。

とまあ親ばか理屈になってしまったなあ。

| ぬくぬく | COM(6) | | TB(0) | |
2010-06-07 (Mon)


らこです。

前の記事は、記事に付け足していく形で完成させます。例によってオチはないのだけれど。

またまた嘘ばっか言って!そのまま放置だろう?という人もいるかもしれませんね。

アタシって嘘言ったことないよね?・・・あ、けっこうある?そだね。はは。

今回はおはりまで決まってるから大丈夫、ただやや長いのです。

一昨日からかなり酒を控えて。昨日は一杯だけにし。今日はゼロ。

ハァハァはしませんが。以上に頭がクリアです。

んじゃいいぢゃねえか、とも言われそうですがオリのとって頭脳がクリアなのは怖いことでもあります。

思考の回転が早いってことは、色々先回りして考えてしまうわけで。

ま、きょうはいいよう、とかなんとかなるさあ、といった理屈をバリバリとひき潰して、先へと進むわけですね。

そうなると、もはやどうしようもねんだな、とか打つべく手はねー、とか割とまともなネガティブ理論が導き出されることになるのです。

んなわけで、早くアルコールを摂取して頭の回転をコンクリートミキサー並みにでろでろに戻したいという欲求がでるわけですな。

いつもなら脇にあるウイスキーをグラスに注げば済むことだが酒瓶は空なのだ。

買ってくる金もないのだった。

前までなら頻繁でなければ親にも言えたかもしれない

「おかーさん!お酒買うからお金ちょうだい」と。

しかし、ここ数週間のアル中状態を見られていれば即却下だろう。

妻に電話しても同じこと。母から電話で報告が言っているのだ。何はなしてんだか。

だから明日も来るまで出かけてくるのだから買いにはいけるが金はないのであった。

アルコール抜いて、どんどん頭脳がクリアになったらどうしよ。

頭に霞がかかかった状態の方がいいものが書ける気がするのだが、それはアル中のいいわけかな。

今日は睡眠薬を倍飲んだので(いーのかね?)、かなり意識が朦朧。何かいてるかわからないなるので。

またあしたなのですう
| アル中 | COM(6) | | TB(0) | |
2010-06-06 (Sun)


オレは一人の時はいつも、こっそりとポケットからサングラスを出して、眼鏡と交換していたし、加藤さんと一緒の時はなるべく下を向いていた。

今頃、同級生たちはスーツでビル街を歩いているのだろう。

あるいは女の子の中には、こうしてオレが露天商をやっている団地に主婦として住んでいる子もいるかもしれない。

そうしたことを考えると間違っても、この状況で偶然に顔をあわせるわけにはいかなかった。


オレが知り合いの知り合いからバイトを探している人がいると聞いたのは、もうすっかり冬とも言える11月過ぎのことだった。

バイトの内容はよくわからないのだ。けれど時期的に他になかったしとりあえず面接に行った。

けっこう古い住宅街。その家も古いけれどもやけに立派だった。一昔前の農家の豪邸というのだろうか。二階建てで瓦屋根の家ばかりだった。

オレが面接に行ったのも会社ではなくて、そういった中の一軒の家だった。

「まあ、たいした仕事じゃねえから気楽にやってくれや」

加藤と名乗る50は過ぎているであろう茶色のレンズの眼鏡をした男は、もう決まったような物言いをした。

「あのう、何も聞かなくていいんすか?」

「あ?んだば、どごの学校でたっけ?」加藤さんは興味がなさそうに言う。

「G大です」

「ふうん、婆ちゃん!婆ちゃん!これ、オレんどごではだらぐ、らっこだあ。G大だってよう」

こたつの向こうに座っていた婆ちゃんは下を向いてお茶を飲んでいたのだが、驚いたようにオレを見た。

「あれまあ、せめて高卒だったらねえ・・・学士様を使うなんぞ申し訳ねえこったす」

そう言ってオレに土下座したまま動かないのである。

なんなのこれ?って思うでしょ?

「まあまあ、婆ちゃん、それはいいがらコーヒーでも煎れてやってけろや」

加藤さんはそう言ってから「こたつさあたってコーヒーでも飲んでいげや」

と、たじろいでいるオレに言ったのだった。

「学士様、砂糖はいくついれっかね?」と婆ちゃんが言う。

学士様はやめてくんねえかなあと思うのだけれど言っても無駄だろうと思った。

「砂糖はいりません」

「まあ、遠慮すっごとねえんだあ」

そう言って婆ちゃんは角砂糖を五個インスタントコーヒーに入れるのだった。

思わず吐き出してしまうくらい甘いコーヒーを飲みながらまわりをこっそりと観察した。

婆ちゃんと二人暮らしなのであろう加藤さんは、黄色いシャツに紫のセーターと着ているものの趣味はなんだかなあ、という感じだがヤクザではなさそうだ。

外に停めてあった手入れの悪そうなVWゴルフカブリオレを見ても、そこそこ金はありそうなのだ。

そんなわけでオレは翌日から加藤さんのところで働くことになったのだった。

翌日、加藤さんはゴルフにオレを乗せて仕事場に行くのかと思ったら、家の敷地から出て路地を歩き始めた。

雑草が生えている土の駐車場に入ると、止まっていた4トントラックを指差して、乗れと顔で言った。

ディーゼルトラックはカラカラとやかましい音を立てて、やがてオレも知っている市営住宅団地前の広場で止まる。

トラックの後ろを観音開きに開けると、何やら木の板がたくさん入っている。

短い板には中央に切り込みが入っており、二枚をX字に交差させてはめ込むと地面に立つようになる。

それを二つ置いた上に長い板を渡せば、安定はよくないが長テーブルがひとつ出来上がるのだった。

そういった長テーブルを加藤さんと二人でモクモクと作って広場に配置していく。

30個はできただろうか。

トラックの中の板がなくなると、山積みになっているプラスチックの籠を取り出す。

深さ20センチくらいで長方形のB4サイズほどの籠だ。

それを長テーブルの上にどんどん置いていく。

セッティングがすべて終わると加藤さんは折りたたみ椅子を開いて座り、タバコを咥えた。

「ま、一服すんべえ」

タバコを吸い終わると、加藤さんはトラックのエンジンをかけてコンパネをなにやらいじっていた。

突然、大音量の音楽が流れ出す。それはトラック屋根部分についている拡声器からだった。

「きたよ~きたよ~、ひゃくえんトラックが街にきた~。何でも百円!あれこれ百円!ひゃくえんトラックが街にきたあ~」

音楽っつーか伴奏はないのよ。アカペラってほど上等じゃなくて、ただオッサンが抑揚のないメロディで歌っているエンドレステープなの。

オレはかなり引いてしまった。普通はこういうのは、それなりの所に依頼して曲を作ってもらうか著作権のばい童謡に載せてプロのナレーターが喋るものである。

どう考えても加藤さんの歌声なのだ。オレは下を向いてしまった。

だって、人によってはオレが歌っていると思うかもしれないでしょ?



※あとで書き足しますう。
| 駄目なやつ | COM(12) | | TB(0) | |
2010-06-05 (Sat)


らこです。この大昔の記事:は2006~2008のオリの放置してある別ブログから拾ってきたものです。

$らこブロ



三國連太郎さんという俳優がいる。今は釣りバカ日誌とかで都会的な社長のイメージだけど昔は田舎の朴訥としたオッサン役が似合っていた。
 で、なんで絵のようにブラッド・ピットと関係があるかというと全く無いのである。勝手にワシが思ったのだ。
 「ジョーブラックをよろしく」というブラッド・ピット崇拝映画があった。原題は確か「MEET JOE・BRACK」(綴りは判らんが)だったとおもうが妙なタイトルではある。直訳すると「ジョーブラックに会え」なのだが多分、「ジョーブラックつー男がいるから会って面倒みてやってくれや」位の意味も含まれているのかもしれない。本当はもっと違うのかもしんない。でもこんな邦題はないよなあ?
 で、三國とどう関わるのかというと、ちょっとタイトルを変えてみたのである。
「ジョーブラックをよろしく」の「を」を「ば」に変えてみる。
「ジョーブラックばよろしく」……。
なんとなく三國連太郎が頼んでいるような気がするのはワシだけだろうか?
話はこれだけです。くだらなくてスンマセン

| 大昔の記事 | COM(8) | | TB(0) | |
2010-06-05 (Sat)


らこだよ。

なんで、そう頻繁に逃げたりしやがんだ!目立ちてえのか?

とかいわれているだろうと思う。

けれど毎回同じ理由だ。

初回消したのはやや悪ふざけだけど二回目からは違う。

けっこう考え抜いてのことだよね。

アル中度が酷いとこうなるようで。だからしょうがねえとはいわねえ。


ココ三週間ばかり体がボロボロだったのだよ。

朝方までネットしたり電話したりして。

翌日はもう夜に起きるってーと。即呑むことになり。

覚醒していてアルコールの入った状態しかないのだ。寝てない時だけ呑まないって感じ。

食事をほとんどしないから。歩けないし。足も手も異常に細い。


そんなオレがなに思ったか。オレ個人の脳の中。

ブログって何のために始めたのか?

特に書籍化とかの目的もなく。絵や文を載せて。それを不特定多数の人にみてもらう。

誰かに発信ができればそれでいいはずなのだよね。

けど、そんなのは建前でしかないオレがいた。

コメント欲しいんだもん。メッセージ欲しいんだもん。

いやあ、それはブロガーなら誰でもそうでしょ?と言う人もいるかもしれん。

けどオレは皆さんとは違うだろ?

誰もが自分が生きるために何かをやらねばならず。その合間に余暇でブログを書いてコメントにレスするから正常だろうと思う。

けど、オレは仕事はおろか家事さえ一切することもなくパソコンの前にずっとずっと座ってコメントを待っているわけで。

批判意見も受け付けますとか言いながらもさ。

実際は描いた絵や文章を「いいわね!いいわね」って褒めてもらえるのをハフハフ待ってるのだよ。

それじゃあ、子供か子犬だもんな。

電脳箱の中のお付き合いも楽しいけれど。普通の人と違って彼らにすべてよりかかろうとする自分がいて。

褒めてくれ~かわいがってくれ~っていうオッサンは醜いよなあ、と思ったわけで。

けどイザ辞めるとアメブロのページはなくなるし。他のブログもやってみたけど。やり方がわからんし。

新しいサイトでも友達ができればそうなるかなあ、って。

んじゃ、アメブロでもいいかなって。

コメント欲しくてキュウキュウすんのもやだからコメ受け付けないで一方的に見てもらおうかとも思ったけど。

正直考えると、コメント来なくて身悶えするのはわかっていたから辞めた。

ただ、日がな一日アメブロの前で張っているのは皆無にしたい。

外にでなければね。人としてはいけないし。

だから基本は同じなんだけども。

読者の人が嫌って去っていったらどうしようかという部分は女々しいからなくす。

んなわけで最再度復活だけど。タイミング的問題で、某ブロガーさんとか某ブロガーさんとトラブルになったの?と思う人もいるでしょうが違います。俺の心の中の問題です。


まー、それで今回のことでオレのことを見限る人がいるならオレは追いません。

コメント0でもペタ0でも書きたいことを書くでしょう。

ああ、まったくどうしてこんな簡単なことがわからなかったのかな。

またいくことになりました。

らこブロ

逃げ隠れしてませんので、わかる方にペタでご案内はさせてもらったけど、これからです。



ちょっと過激にいこうかな!んじゃ!








$らこブロ
| ぬくぬく | COM(15) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。