08≪ 2011/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-09-30 (Fri)


なんだか忙しいよ。うん仕事している人からみれば、くだらないことだけど。

一昨日と本日で、アパート二室が退去。立会いをして、修繕部分を入居者と確認。

見積もりをもらって。それは敷金を軽く超えるので。新たに請求が発生する。

これって、けっこうもめるらしいので。上手に交渉。めんどくさー。

宮城は今。リフォームなどの建築業者は超忙しいらしく。

頼んでも二週間から一ヶ月待ちだって。

1~2ヶ月貸せないから。厳しいっす。

なのに。昨日と、今日と。不動産屋から。入居したい人がいる。と問い合わせが続々。

なんだろ?そんなに賃貸物件が不足してんのかな?

仙台はいま、何がおきてるんだろう。

地元の地方新聞読んでも。

復興の兆し!とか。やや明るい記事ばっかり。本当なのか?

単に避難所から仮設住宅に移っただけじゃないのか?

みんな、明るくなんてないんじゃないか?

なにも解決はしてないと思うんだおね。

ああ、報告がてら母の見舞いにゆく。

でも動くせいなのか。昼に人に会うので酒量が減っているせいか。食欲はあんだけど。

まいかい。ごはんにフリカケだけって。まずいかな。はは。
スポンサーサイト
| ブログ | COM(6) | | TB(0) | |
2011-09-29 (Thu)


震災の被害は大きいほどえらいのだろうか?

いや、最近の報道では。うん、報道がいかに変かはいずれ別に書くけど、そんな感じ。

一般論で。「いや、俺は家も家族も無事だったけど、こわかったよ!宮城だから!」

という人が。

「おまえ、俺は、家も流されて家族もみんな死んだ!」

しーん

みたいな。被害が大きい人から言われたら。そうでもないひとは黙らざるを得ないような。

アタシも当初はそんな気もあったかもしんない。「被災地を見て無いやつは口出すな」のような。

でも最近はかなり多い。ごかいしないでほしいけれど、被災者がそういっているとは限らないということ。

古い例では。「死の町」

もう誰でも言っていたよね。ゴーストタウンとか。ま、「オマイがゆーな!」という部分もあっただろうけど。

「傷ついた」「許せない」

本当に、福島の被災者がゆったことばか?それはさ。避難所に行って。「死の街っていってましたが」と聞けば。「うんうんそうだおね!」という人はいないだろうし。仮にいてもニュースには採用しないだろう。

でも一般的にはさ。被災者がすげー怒ったように書いてある。


どこだったかの花火。福島の花火やる→放射能降るだろと苦情→やめた→逆に被災者側から非難続出→主催者がマスコミに謝罪→福島の花火製作の町に行って町長に謝罪。

これよお。本当に福島の被災者が、福島で作った花火をぜひ使ってーって熱望したのかよ。

今だに関東や、福島中通りで絶望的に過している被災者が。福島産花火を見たいっていったのか?まずはそこを押さえないとダメじゃない。

そんで、福島の花火をするって。放射能降るじゃんて電話来て、中止。肝っ玉ねーのか。震災前に作った花火玉を屋内に安置しておいて(法的に屋外は無理)、放射能でるわけねえじゃん!

苦情でやめると発表して、数千件の逆苦情。あ、ただ、これを被災者の苦情としてるかっていうと。内容は誰も確認してない。

市長だかが。わざわざ福島の町にいって。

「すんませんですう」

「つぎはきをつけください」

時間と金の無駄だつーの。

これの住民インタビューは二件くらい。「ああ、いやですねえ」とか。取材して無いからだんげんはしない。

「花火でもなんでも関係ないから。はやく、ウチに帰りたいよう」

※これは想像だけで書くとよろしくないので。知り合いの知り合いに取材しました。他は創作になりますな。

これはメディアが始めたのでしょうが。被災地の人を怒らせてはいけないので。そういうことのない表現をしようというような動きが見え。

被災地と離れた地域での行動を「不謹慎」てきな取り扱いをしている傾向があります。

だって、絶対の正義は被災地にあるでしょ?何を言っても「こっちは人が死んでるんだ!」と。
とは誰も言ってないけれど。。メディアは勝手に代弁するの。

なんだか福島で作った橋桁も「放射能が~」とかでクレームがきたとか。

本当にそんなクレームあるのかなあ?だって洗えばほぼ大丈夫ってことだし。橋桁は食べないから内部被曝もないっしょ?

ここで放射能から逃げて移住する人!とか東北の食材が問題になってくる。

すごく混沌としてんだよね。安全がなにかは。

本来はラインが必要だ。当然だおね。

国も科学者もいろいろいってラインがねーじゃね?

「危険だ!」という派も、「直ちに影響はない」という派も。どっちも自信がないんではないか?

だって、医学的、科学的にみて。判断のサンプルは原爆とチェリにブイリだけじゃない?

これだけの研究では今回の原発がどういった影響を与えるかは断言できないはずなのだ。

だけど、影響が反映すると思われるのは数十年後だから。大事をとって・・・という理屈もよくわかるのだよね。

現状は。まず内部被曝が問題とされる東日本の農産物、海産物は。政府が、被曝数値を検査して取り決めたものだけが出荷停止となって市場には出回らず。東電の買い取り補償ということだろう。

けれど、福島とかの生産者が「安全な桃!」とかいって即売してるよね?」

むろん、数値検査はしたんだろうけど。

こういうのを買ってくれる、首都圏や関西の方の善意には感謝するけれど。

いいのか?って思う。

土壌と食物の被曝数値を計るカウンターは別物だろうケド。

これって。どう考えても。規格は統一されてなければいけないでしょ?

だって個人がヤフオクで買ったような計測器で測ったものを。「安全です」といって流通させちゃだめだと思う。

だからこれは国が統一もしくは認可するべきなんだよね。各カウンターをメーカー、動作で検査して国の水準機器として認可する。

それを使用して、国の出荷基準は別として。民間で測定した数値を商品に添付して、購入に関しては自己判断すべきだと思うのだ。

だって、嫌な人は無理して食べなければいいけど。飲食店で使用されたら。もうわからない。

やや話はかわるが。

新聞には「今日の放射能情報」みたいなのが地図として載っている。

ほお、仙台は低いね!でもなんで女川だけ高いのかね?とか。

まともに受け取るけど。

データの出所は。県、国、電力なのだ。

「うそばっかで信用できねえ」といってたくせに。

なんで、そのままデータ載せるかね?

福島民友も福島民放も河北新報も最低だ。

メディアならば。顧問の科学者を招いて。信頼できる計測器で。もっともっと細かく。街単位まで放射能汚染を調べて、データを載せるべきでしょ?

それが地元新聞の役割じゃん?

県や、電力に行って、発表されたデータを聞いて来るってのは。取材でも報道でもない。

それで。話はもどって。

東北、関東から西へ避難しているひともおおいようで。ただし。福島県の人は多くが内陸部・・・といっても放射能汚染が高い地域に留まっている。

これは。「住んだら死ぬ」ていう化学的な通達が無い以上。

個人の自由な判断だおね。

例を挙げると有名な「きっこのブログ」のきっこさんは、かなり早い段階で西日本に避難した。

むろん、いまはわかるように東京とか関東でもヤバイ的だからね。

海外に逃げた人も多い様だけど。それらはいいと思う。

見捨てて逃げて外でいろいろゆうな!という意見もあるけれど。

これは津波の時と同じだろう。

多くの年配の人は。逃げようと言われても。「なんだ臆病だなああ、大丈夫だよ」という感じで説得をできる状況ではなかったらしい。

俺もそうだ。「高台に逃げるか、中学校に行こう」といったけど。「チッ」と舌打ちされて無視だもんな。海に近かったらしんでたよ。


だから、早く逃げすぎとか、見捨てやがってとかというのはダメだろう。

でも。西日本とかってどうなのか?九州だって。

今は風向きのせいか数値は出て無いようだけど。

根本である水が汚染さてでしょ?水は地球の廻り者っていうけど。

大陸にも影響があって訴訟を起こされるとか言われているのに。日本国内が安全だってどうなの?


海外だって例外じゃない。水は雲になって必ずやってくるのだ。

ところが。

きっこさんとやらが。

「避難は生活保護受けているレベルで可能だ」(多分)

とか。避難していない人たちが、いかに危機感がないバカであるかというようなツイッターをした。

そんで2CHの「ひろゆき」が。福島で避難しない人は日銭が大事だ」と発言。(これはネトウヨニュースなのでうそかもしんない)。

いいけどよ。避難するしないは個人のじゆうであって、それを批判するてのは余計なお世話だおね。


自己判断で、費用を使って避難した人はそれはそれでいいわけだけど。なんで避難しない人を批判するのかなあ?

ここらへんで。ちとどこかに書いたけど。危機感のずれがでてるようだ。

西日本やそっちに逃げた人は。東日本のモノが入ってきて汚染されるのがいやなのだろう。

差別だってあると思う。

だって、宮城でもナンバーみて凍りつスタンドマンいるもん。(オリは福島ナンバーなんだおね)

表の社会では。差別的なことは言わないだろうし、言われないのだろうけど。

言えないところで言われているはずだ。

取材したわけじゃないけど。東北では放射能の危機感は少ないだろう。

それは、もう被曝しちゃったもんね、という諦めもあるかな。

これは続くのかな。

ていうか。

数年後に福島において農業、漁業が認められのだろうか。

つか、今年分は補償したけど、来春、コメ作りをして。結果で東電が
補償するのか?

放射能汚染がなくなるなで・・・だと永遠だけど。東電が補償するんか?
しない方向だよね。

バカの河北新報には。毎日。

ワカメの養殖うむを開始した米山さんと子供達。といった記事。

くだらねえ!

もう。

かなりズレがでてきている。

関西で、東北の食物を食べようという応援があることも知っている。

一方では。獲れた秋刀魚ただで配布(放射能数値は不明)

いいのか?被災地。あちこちで。秋刀魚とかアジ焼いて、食わせて。

それが復興かよ?

よくわからなくなってしまったけど。

オレは、放射能とかでキーキー鳴く奴も嫌いだけれど。


あまり鈍感なのなあ、とおもって。

こりうむこりうむ




















| 震災 | COM(0) | | TB(0) | |
2011-09-28 (Wed)


ようやく。数件目に勤めて。おちついたところは。

やや市役所に近いトコロにあったので。

ランチ探しのようなこともできた。

市役所から離れたところだけど。15分くらい歩けばけっこう安い店があったので。役所の人とか、営業の人が昼前後は多いのであった。

その中。ビルの間だけれど。黒光りする木造の二階建ての建物があって。

正面ののれんには。

だんご

と書いてある。

うん、だんごとか餅を売ってる昔からのお店。

安いのだけれど。

ああ、昔だから。ラーメンが60円のころだから安いのね。というわけではなく。

外食の単価は。マックや吉野家を除けば、今と変わらないとおもう。

ラーメン300円。

ううん!まずくはないけど。んまくもない。つうかんじ。

カレーはけっこうにこんであって。280円。ちと量は少ないかな。

ほんで。カツカレーは320円!当時は680円なら安かったんだもん。

カツカレーとラーメンで700円でお釣りがくる!ってのをやってた。

でも。ここの人気は夏の冷やし中華。

380円!大盛りで420円!

きゅうりの細切りと金糸タマゴと、ハム細切りがけっこう乗ってる。

もうね。夏は行列だお。

でもオリらは。勝手に昼飯行く時間を決められた(オリがね)のでやや早めにいく。


「ああ、お兄ちゃんたち、二階の涼しいとこでたべな!」

冷房はないの。でも古い家の二階は大広間なんだけれど。四方の窓を前開にすると風通しがよくて。涼しいのだ。

「大盛りみっつねー!」

「カツカレーは?」

「ううん・・」

「じゃあ、つけるよ!」

いつのまにか常連になったオリらは。そんな調子で。

次第に。冷やし中華の盛りとカツカレーの盛りも多くなって。

「こんなに食えないもん」とゆっても。

「若いんだから食べな」

割烹着と三角巾をつけた、数人のおばちゃんは。いつだって元気で。てきぱきと客をさばくのでした。

いつだったか。深刻な話を食べながらした。

「今夜、洞窟に行くからよ」

「え?きのう行ったんすか?」

「いったけど、たいまつが切れて、命からがら戻って来た」

「やっぱ一本じゃダメすかー」

「オレ、店終わったら一回家に帰るからよ。オマエたいまつ6本買っておいてくれない?」

「そんなに金あるんすか?」

「何回か殺せば金取れるだろう」

気づくと。

大広間の全員に近い人が。

冷やし中華の咀嚼を停めて。オリたちをみていました。

いそいで食べて逃げるように帰ったのです。

だって。発売して一ヶ月は経っていたでしょうが。

ドラクエとか。ゲームとか。RPGなんて説明できないですからね。

その。

だんごやは。もうないとおもうでしょうか。

いいえ。あるのです。あのままの外観で震災後もやっているということは。

影で相当大変な補修をやっているのでしょう。

あのころ。

通った。

あの店は。

今はもう。電車から見るだけ。

うそです。

車から夕方に見るのでお客さんはいないように見えます。

でも。そこは。

仙台NHKの真向かいなので。

NHKの人の食事だけでもやっていけるかな。

つか。きっと今でも、昔のように人が通っているでしょう。

もう。入ってみたいとは思えないのですね。

わざわざ近くのパーキングに停めて。

ああ、なつかしいよなあ!こうだったようなあ!

というのは無粋な気がするからです。

あのお店は、あの場所にあって、ああいう人たちがやっていれば。

数十年後だって残っているような気がします。

けれども。

もうオリは入る資格がないのだなあ、と思うと。

うん。泣きはしませんが。

あの店の前を通過するたびに。ためいきを。すこしだけ洩らすような気もします。
| ブログ | COM(10) | | TB(0) | |
2011-09-26 (Mon)


ああ、と思い出すものって多いもので。

しかも。もしかしたら。一生思いださなかったことも、あったよなという感じはわかるでしょ。

土というか。細かい砂のようなもので、おだんごを作ったことはないかな?

水をかけて、丁寧に練って。まあるくまあるく、手のひらで丸めると。

妙につやつやの球形になるのだった。

けれども。それはいつだって。

油断すると水分が飛んで。ひび割れをおこして。

なんだか、中途半端な遺跡のような様相を見せるのです。

それは隣のマサヒコくんから聞いたのであって。

彼は隣といっても。襖を挟んだとなりの部屋を借りている家の長男であり。

次男にいじめられている僕を、いつもかばって、様々なことを教えてくれた。

当時は、離れではなくて、すぐ隣の部屋を貸すということがけっこうあったのです。

その、おだんごを作るのは縁の下ときまっており。

いまでこそ、縁の下はじめじめして湿ってるでしょ?とかオモウでしょうが。

当時は、大人でも四つん這いになれば楽々入れたうえに、風通しもよく、カラッとしていたのです。

縁の下の縁にいくと。砂がたまっているのです。

それは、風によって入り込んで、風によっても出て行かない、という、とてもとても細かくて、純粋な砂なんですね。

そんな砂が、手からこぼれないように。コップに入れた水を持ち込んで、おだんごをつくります。

てのひらを目一杯、たいらにして。ていねいにこねると。やがて土団子はまるくなって艶々として。

けれど、翌日にいってみると。大理石のように輝く団子の裏は。ひびがはいっていることがほとんどでした。

「これは、すぐにできるもんじゃないんだよ。毎日、毎日、時間をかけてな。そうして、やっと。しやわせになれるんだ」

「しやわせって、どんなかんじ?」

僕が聞いたのは。その時は、別になにも「しやわせじゃない」とは思っていなかったからです。

「ううん。お父さんが元気でいて。家にお金もあって・・・・。あ、らこんちは違うな。でも、おまえだって喘息がないほうが、しやわせだろ?」

マサヒコくんのお父さんは。数回だけ見た事があるのだけれど。

なぜかいつも不機嫌で。何か大声で怒鳴っては家をでていったことしか覚えていない。

だからなのかどうかは僕にはわからなかったけれども。

牛乳に砂糖を入れて呑む、マサヒコくん兄弟は。なんとなく。しやわせではないような気がした。


夏のおはりの風が、縁の下を吹き抜けるころにも。僕らはしゃがんで。団子を磨いていた。

台風が来ると気圧差でいるも喘息を起こす僕は。数日間寝込んでいた。

治って、隣に行くと雨戸が閉まっている。

「マサヒコくんとこはね。ひっこしたんだよ」

母に聞いても引越し先はわからない。

縁の下を除くと。彼の土団子は消えていた。

僕らは。これから。それぞれに、しやわせを求めて。団子を作るのだろうか。と思い。


なぜか小学校でも会わなかった。学年が違うし、学区外にいったのかもしれず。


ある日。下町に行った。東京の下町とは違って。単に川に近い低い土地で。

よく川が氾濫することもあって。はだしで過す人が多く。ややすむ世界が違うというか。

まちがって迷い込むと。

「おい!坊主!ここはオメーが来るとこじゃねーよ!水が流れてくる、坂の上にいきな!」と魚屋さんに言われたものだった。

そんな場所だけれど。小学校は同じだし。パッタ合戦に出向いた。

相手の大将は体格のよいチョウと言われている四年生。そのうしろにはだしの子供がずらりと並ぶ。

いちばんおくに。ちらちらと見え隠れする影は。良く見ると。

薄汚れたランニングを着て、はだしで立っているマサヒコくんだった。

しやわせじゃないんだ。と。思った。

僕はそれから間もなく。親に騙されて施設に入ったのだけれど。

帰って来たときには。

数メートルだけれど。廊下が増築されて。縁の下は消えていた。

でも。

同じ土だから、また。しやわせのおだんごは。作れるのではないだろうか。

無論、当時は。ただの土ではなくて。

あり地獄で使われた顆粒上の土がいいのだとはしっていたけれども。

「つちだんごはね、いつ作ってもいいわけじゃあないんだよ。しやわせになるのも、期限があるんだ。だって大人は誰も。おだんごをつくらないだろう?」

マサヒコきんがいっていたけれど。まだ間に合うと思っていたのだね。

家は燃えた。

自分の家が燃えているのを見るのは。

哀しいわけでもなく。楽しいわけでもなく。

いま、思えば。どうせなら綺麗に華やかに燃えればよかったのにとか。

もう父もいないので。アパートになったけれど。

土地は斜めだったので。大量の砂が入った。

しやわせのだんごも。先が潰れたシャベルで埋めた、忍者部隊月光のバッジも。

数メートル下に埋まってしまった。

そんな砂を丸めてみても。指の間からぽろぽろこぼれるわけで。

しやわせは。もうつくれないのか?

ダメでしたね。はは。

しやわせは。

だんごでつくるのではなくて。

それなりの年までに。

自分でつくるものだったのだよねえ。

もう。時間的に。間に合わないよね。

アトザウィッツエンド。

途方にくれる。

期限切れのオヤジが。

もう無効な砂を持って。

空を眺めているのです。

でもまあ。いいかな?と思ったり。

「じゃあ、オマエは!しやわせ!と思ったこと一回もないの?」

とゆわれれば。

父や、母や、妻や、娘の顔が浮かんで。

「ああ!ああ!あったよ!あったよ!ははは!すまん!」

と。

ゆーだろーなーとも思ったので。

ううん。結末へんだけど。

オレの中では。

ひきわけ!

はは。
| 過去の話 | COM(10) | | TB(0) | |
2011-09-25 (Sun)


まずいよね。

一人暮らし。かなりまずくなって。

あ、どうせ流し台に洗い物がたまってんでしょ?とかオモウだろうケド。

けっこう、ちゃんと洗ってます。なかなか朝に起きられないので。

生ごみを出せなくて。(連休もあったし)困るけど。

ま、これまでの数年は。オレは他人と接触しないで済んだ。

せいぜいダーツバーの接客くらいだったけど。今は、アパートの引越しを数件抱えているので。

さまざまな話し合いがあって。他人と、一般的な社会常識の上に立って話をするのは。こんなにつかれるものだったか、と思っている。

ま、人は、暮らしていくうえで。他人と正常な人として会話をしなくてはならないものだけれど。

これまで数年間。おれは庇護のしたにいたのだな。

今でもそうだ。ブログでコメで話す事はあるけど。

家族とも、ほぼ話さないし。ましてや他人と会った場合も。一切無言だ。

一人暮らしというと食事が問題とされるが。

おでぃん!で済ますことは失敗。うん。毎日はくえねえ。

でも、暑かったこともあって、カップラーメンも食べられなかった。

コンビニの弁当は。生ゴミが増えるから絶対に買わない。

ただ。なんかもうだめだよ。

小人がでるもん。

昔、一人暮らしの頃。朝は5;00出勤で、寝るのは3:00.

センタクができないし。食べた器はそのままだった。

休みは月に二回だから。それまでは我慢できないでしょ?

出るんだ。

小人。

朝、起きると。シンクの洗い物は綺麗になっており。

洗って洗濯機に入れたままの、洗濯物はきちんと畳まれている。

「小人がしてくれたんだ」

素直に認めたのですが。

オレはどんどん体が疲れてくるので。

ある日。

ハッと。覚醒したとき。

真っ暗闇の中で。

洗濯物を畳んでいる自分に気づいたのです。

なんだー。小人はオレだったのか!



これから外にでます。なくなったから。たばこ。

あいかわらず。たばこ税をあげるとか。

ま、各税金があがるならしかたないけど。

嫌煙派の理屈は。

たばこで病気になった場合に健康保険が多く使われるだろうから。国庫に負担になる。ってこと?

でも。大臣も含めて。他人の健康を心配するとか、健康保険の使用率~ではなく。

喫煙者に嫌な思いをしてほしい!

どうもこれが目的だもんなあ。

落とし所を探るのではなくて。単に、「苦しめばいいの!」つかんじ?

オレは、いずれタバコをやめても。そういったクズみたいなことはいわない。

だって、仮に個人宅だけでOKとかでも。換気扇から出したらいけない!って感じだしなあ。

そもそも。世界に通じる。大気を嫌煙派が買収したわけでもなく。

大気汚染でもない。(CO2は出るけど。化石燃料じゃないから自然の範囲内だし、科学的なものでもない。お香と同じかな)

何かというと。

「他の先進国ではたばこは1000円!」とかいうけど。

こういう人って。

昔。

「そんなに”他の先進国”がいいなら!”他の先進国”の子供にしてもらいなさい!」

って言われたことないのかな?
| ブログ | COM(4) | | TB(0) | |
2011-09-22 (Thu)

 
らこです。

いろいろありました。

けど、きょう、さっき。まあ朝方ですね。

うとうとしていたら。あたまのなかに声がひびきました。

「最後の質問だ。これに答えられたら*****だ!答えられなければ、これまで溜めてきた賞金がゼロになると同時に、きみには生涯避けられない不幸がとりつくだろう?OK?]


*****がよく聞こえませんが。たしか。かなりいいような人生を思い浮かべたのです。

「では、問題にいっていいかな?」


ええ!

「うん、”にあだーくつきよのできごと”という映画があるが、監督名と主演者とあらすじを言いなさい」


ぜんぜんわからないよ!

「いまから、13時間さしあげます、その間にお答え下さい、オーディエンスも電話もOKです!ただし、この問題はあらすじもありますので。監督も主演者もみっつとも正解するひつようがあるのです」


もうわからない。タイトルだってしらないし。


「電話は、ネットでブログ友人に聞いてもよかですよ!」



けど、ぼくには、こういった問題で頼りになる人は。

ふたりしかいねー!

ほとんどの映画をブログにしている方と。

昔はそういう仕事をしていた犬飼のおじさんだ。

彼なら、この、クズのような映画をしっているかもしれんが。

時間がもうないのだ。



もし、だめだったバーイ。オリは、マックスマッドルームを全巻買わなくてはいけないの。

よろしく。
| ちと不思議なはなし | COM(8) | | TB(0) | |
2011-09-18 (Sun)


へへ。らこだす。

こんな時間に記事を書くと。

また呑んでそのまま起きてたんじゃね?と思うでしょうが。

やや寝ました。

黄金のうたたね、か?

酔って寝たりとか。睡眠薬での眠りってのは。不自然に無意識の中やってくる。

けれど純粋な眠りの欲求は、誰もが知っているように。

左足の土踏まずから入ってくるよね?

それは、どんどん上半身まで来て、頭でぐるっとまわって。

右足の土踏まずから出て行くでしょ?

けれど、北枕の位置だったせいか。ねむることはできなかった。

とても強い眠気は。

右足の土踏まずから侵入してきた。

逆だよね。

逆はいけないから抵抗したけれど。

それは、どんどんはいってきて。

この感覚は誰にでもわかってもらえると思うの。

ほら!

人って、だれだって。

以前は。

はむすた、として、暮らしたことがあるぢゃない?

ふつうは、そのときに、撫でられるのは。

毛並みに沿って・・・まあ、順手というような撫でかたかな。

今回は、逆撫でだよ。

びくっとして、むかっとするけど。背徳的な心地よさがあり。

そのまま。気持ちよさは。逆流して。左足の土踏まずから出て行った。

これは。特筆すべき素晴らしき良きことであると。

おしえてあげようと思って。主だった人のブログを読んだのだけれど。

そう。

逆撫でで、かわいがってもらうと。すげーイイの!と言おうとしたけど。

誰もがみんな。

過去に短い時間ではあっても。

はむすた、だったこと忘れているようであり。

告知をあきらめたのであった。

勿論、これから再度寝て、起きたときには。

そんなことはわすれているんだおね。

きっと。きっと。お昼につくる。

冷たいラーメンの話は。

かた次回だなあ。
| 家庭の医学 | COM(8) | | TB(0) | |
2011-09-17 (Sat)


いやいや、もうたいへんっす。

部屋は空気がよどんで。でろでろの汗だくのなかで悪夢をみながえら、ねむれず。

もう、脱水症状がつづいており。アクエリアスもなくなったお。

今日は、クマキチが学校に帰るというので。母の病院で待ち合わせ。

駐車場から数分あるいたら疲れて座り込みたくなりーの。

妻と娘が合流。

娘は帰り。今度は年末でしょうか。

今回はけっこう面倒であって。

本来は乳がん手術の二週間入院で済むはずだったけど。

母が、入院前に、オリが一人で過せるように。いらねえ!って言ったのに。いろいろやった。

二回から三回は炊いたであろうご飯を小分けにして、冷凍にしたり。

自動じゃない冷凍庫の氷を目一杯作って保管してあった。

極めつけは、電話で。家電話はオリの部屋にはないのだけれど。

ピアノの後ろにある、電話ジャックとつなごうとしたらしく。

もちあげて。腰をだめにした。

ぎっくり腰?よかいって入院したけど。

昨日、圧迫骨折であることが判明して。退院日が不明に。

だって、化学治療に通うのにも、自宅は三階だから、毎日上り下りできるかどうか?ってなこともあって。

ここで、オリが息子として、献身的なことをするかってと。できない。

なんで余計なことしたんだよ!ババア!って感じかな?

人は。老いも若きも。ピアノを持ち上げなくとも生きていけるはずだから。

自分の年齢や体力を鑑みて、できることと、できないことの判断ができないってのは他人に迷惑をかけるからね。

オリも。体重50キロを割って。見た目が痛いけど。

妻は、いつのまにか40キロを割って。二人そろうと。なんかビョーキな夫婦だお。

だから。自分で食事を作る手間をなくすために。また彼女は福岡に行ってもらう。

妻宅には。

ようやく順番がきて。市の要請をうけた専門科が家屋をチェック。

「これは、半壊っすね。危ないから別途調査してもらって」

内部や、石の塀を治すと。数百万かかるようで。50万ではおいつかねえ。

廃屋にすっか?とか。

もう。先が。見えねえよ。おれ。
| ブログ | COM(2) | | TB(0) | |
2011-09-14 (Wed)


これから、食事なんすけど。

ま、おでぃん、なわけで。リビングに行って食べます。

そういえば、ここは、ほぼオリのものだった画集があるので。

久々に、エルンストとかクレーとか、ルソーでも見るかって感じ。

遅くに記事を書くかもしれないな。

はは。
| ブログ | COM(4) | | TB(0) | |
2011-09-14 (Wed)


げるぐぐ!らこです。

ま、なんつかいろいろあって。読んではいたけど書けずにコメもしませんですた。

いまは実家に一人でいます。

なみだこらえて、ひとりでいます。

うそだけど。はは。

しかし、実家に一人ってのは初めてで。3LDKは一人じゃひろいよね。

オリは以前、妻子と別居して数年一人暮らしをしたけど。それは、3kだったしね。

なんつか電話番すかね。あとは、ほら、鍵なくしちゃった!とかいう店子がきたときの対処かな。

ま、車でいろいろ行ってたわけっす。

10日に。娘のクマキチが直接、オリの母親宅に来るってので。

オリと妻はそれに合わせてでかけました。

ま、入院するまえに、家で会おうといったような。

8月のクマキチの誕生祝もしてなかったので。ケーキを買って。

この四人が集まるのは。3月13日以来でした。

クマキチはアラビアンナイトを思わせるような、ゆったりとしたズボンをはき、やや赤く髪を染めて現れました。

けれど、それは一般的に見て、流行の格好だとは思えませんし、相変わらず、化粧もしてません。

もう同世代とは違う方向に進んでいるのだろうと思い。それはそれでいいことなのだろうとも思い。

8月にタイと韓国をまわってきたようで。

どうもタイをえらい気に入ったようす。

安宿の泊まって、食事はすべて屋台で食べたらしく。作り方をおしえてもらったのか、現地で食材も買って来て、焼きうどんのようのものを製作。辛いのはいいけど、甘さもあるのはなあ!てきな。

おみやげは。タイのズボン。彼女がはいている。

これね。生地が薄くて。ウエストは200センチくらいあって。

余分な文を腰に巻いて紐で結ぶの。

これはいいわ!すずしくて。

でもオリは外には着ていけない。帽子とか被ると、そういうファッションじゃなくて、そういう国の人に見えるからだね。


そんなんで、昨日、母が入院をして。クマキチと病院に行って、帰りは食材を買った。

以前の一人暮らしでは、毎日、材料を足して、おでぃんを食べつつけたからね。

でも、今回は違った。

以前は仕事をしていたから、昼は当然外食まをして、夜だけ、おでぃんだったが。

さすがに毎食は食えねえ。ということで、今日は、お茶漬け氷水を食べました。

なんか、昨日から暑くて徹夜だよ。することもないのに。
今はようやくよくなったかな

母は、今日の午前に手術をしたけれど。まああ、温存方で最小限の切除らしいのだけれど。

転移の可能性があるとかで。術後の化学治療をやることになり。あたまがはげるので。

かなり凹んでもおり。

通院になったらば。副作用とかでグワイがわるくなるだろうから。

オリが送り迎えでしょうねえ。

でも。

妻もほぼ外に出られないし。

オリだって、まだ肺の水はたまっているから。

階段あがっただけで。ちからつきるのよ。

| ブログ | COM(4) | | TB(0) | |
2011-09-08 (Thu)


他の地域はわかりませんが。

オレの妻の実家周辺では徘徊する猫をみることはない。

もちろん、犬と同様に飼っている家も多いとは思うが。

絶対に外に出さないようにしているのでしょう。

そうなると今の時代では野良猫は存在できないことになる。

ゴミを漁られないように、町内会が厳しく監視しますし、猫が獲物を獲って暮らすほどの自然小動物は存在しないだろう。

結局は、そういった地域の野良猫は寿命が来て死んでしまったらそれきりなのでしょう。

これは意見がいろいろだらおうけど。

飼っている猫の避妊手術はしかたがないと思うの。もしメスで子猫生んじゃって、困って捨てたり殺したりするよりはいいから。

ただ、野良猫が子供産んで、子猫が不幸になって死んじゃうからって、野良猫を自費で避妊手術して戻すってことをしてる人もいるようで。

余計なおせわじゃない?とも思う。自分が把握している範囲での猫が、しやわせなら、いいって感じだし。

話題になったので知っている人も多いでしょうが。

宮城の島で。田代島っていう猫島があるのだけれど。

モトモトは養蚕の島で。ネズミが多いから猫を入れて。

その結果、島中猫になったけれど。天敵の犬は持ち込み禁止だとか。

行った事はないし、詳しくはしらないけれど。

全ての家庭で猫達を家飼いしているわけではないようだ。

みかけた猫にはエサをあげて。糞などはそれぞれ始末して。

寒い冬に子猫が死にそうだろうと。

そういった自然な部分は親猫にまかせているような気がする。

もちろん。コンクリとアスファルトしかない都会で、同じことをできるか?というと疑問だけど。

オレの実家のまわりには、けっこう野良猫がいた。

住宅事情のよって空き家や、雑草が生える更地が多いことと。

誰か、えさをあげている人がいるからだね。

オレが福島から戻ってきた当時の。ねこ写真を載せよう。

これはオレがとったわけではない。猫は臆病で写真を撮れる距離までは近づかせないからね。

娘のクマキチが毎日、かまって。ようやくその距離までいったのだ。

$らこブロ


去年くらいからは。その集団を見る機会が減った。

今は、子供の世代なのか、そのまた子供の世代なのかはわからない。いろいろな猫が現れては消えていくからだ。

ここに猫が存在するのは。路地の角の高森さんの家で。エサをあげているからだろうと、近所の人の噂だった。

いつも猫達が、高森さんの家の庭の片隅にあつまっているからで。実際にそれを写真に撮ったり、目撃した人がいるわけではないのです。

それは、どちらかと言えば、非難的な意味を持った噂であり。やはり、糞などをされる家庭ではエサをあげることに否定的なのだったろう。

この冬は、何故か、猫たちを見る事がなかったように思い。

それは、数少ない空き地にも、新しい家がどんどん建設されたからなのかもしれず。

このあたりも。野良猫はいなくなってしまったのだろうと思われた。

震災の当日は。暗くなる頃から猛烈な雪が降って。


小さな石油ストーブでは震えがくるほどだったのだけれど。

あの日。だれもが。明るくなるのをじっと待ちづけたのだと思う。

もしかしたら。明けない夜もあるのではないかと。ラジオを凝視して。

日のでは6:48だとラジオは告げていたのだけれど。

6:20には。空は群青色に変化して。風景は見えるようになった。

母と近くの中学校に行ってみた。

もう食料がなかったし、情報も欲しかったからだ。

一人につき、わかめご飯1パックと500mlの水を配布しており。家族の人数分をもらえた。

けっこう素早い対応をしているな、とは思ったけれど。

オレはまったく寝ていないし。眠ることを恐れて抗鬱剤も呑んでいなかったので。

かなり。絶望的な気分になっていたのであるが。

完全に夜が明けきると。昨夜とはうってかわって。青空で。強くはないけれども陽射しが差し込んでおり。

立ち止まると。ほんの少し、太陽の暖かさを感じる。

近所の家を一軒一軒、中学校で炊き出しを行っていることを母が伝えてまわった。

オレはぼんやりと後をついてまわったのだけれど。

高森さんの家の駐車場に、こねこがいた。

セメントで塗られた駐車場は、ご主人が既にいないので、車はない。

陽射しを受けたセメントは、ふんわりと暖かそうで。その真ん中に。

こねこはおとなしく座っていた。

こねこは。まっすぐ上を向いて。しろい喉の毛を少しだけたなびかせながら。

しずかに天を仰いで。微動だにしない。

けれども。左耳は折れさがっており。その周辺には。あきらかにけっこうな量の出血が乾いた茶褐色の染みがみうけられる。

だからといって痛そうな素振りを見せるわけでもなく。

非常に上品に座っているのだった。


それはなんだか。太陽の光を浴びて。発電パネルに充電でもしているかのようにみえた。

オレは、白い喉のところを触ってみたくなって近づいたのだけれど。

まず無理だろうと思った、いつだってこのへんの野良猫は、ほんの少し近づくと敏感に察知して逃げてしまうからだ。

けれども、この薄いグレーの縞模様の猫は。オレが近づいても逃げる様子はなかった。

やや頭を正面に戻して。

すこしだけ。とじていた目を薄く開けて。まっすぐにオレを見る

そしてまた。

目を閉じて空を見上げるのだった。

ふと、下り坂になっている道路を見ると。

いくつもの家から人が出てきて。

同じように薄い色の青空を見上げているのだった。

なんの理由も無いけれど。

なんの確信もないけれど。

なんだか。

大丈夫な方向にいくような気がしてきた。

その灰色ねこは消えたわけではなく。

オレが車を駐車場に入れている時などにふいに現れる。

彼は。

オレを見ると。

本当に100分の1秒くらいの時間だけれど。

にや

と笑うのだ。


それは、お互いによかったな、という意味なのかもしれず。

ともかく彼は、今は左耳もきれいに立って。ひょんひょんと。

住宅の隙間に姿を消すのだった。












| 震災 | COM(6) | | TB(0) | |
2011-09-06 (Tue)


バガはバガなりに。エネルギーのことを、考えてみた。

オリは文系だけれど、本当は理系も考えることができる科学の子なわけだ。

ま、もう子ぢゃないけど。

東京はわかんないけど。地下鉄とかJRのエスカレーターはたいがい止まっている。

車椅子のためのエレベーターが動いてるくらいかな。

エスカレーターはどっちを空けるんだっけ?関東と関西で違うのだっけ。

どうして人は動いているエスカレーターをさらに足で登るのだろう。

急いでいるから、通路を空けておくのがマナーとかゆってるけど。

百貨店やスーパーのエスカレーターにははっきりと。「あるかないでください」と書いてある。

論点がずれてきてる。うん、偽者理系だからな。

要は、動いているにもかかわらず、さらに自力で登る!ってのは。より楽により上方へ移動できるからだおね。うん、ここは大事だ。

似ているのが。動く歩道だ。

この名前は遠い昔に万博で登場した。実際に乗るのは。

恵比寿ガーデンプレイスに仕事でいったときだ。あそこは、もうバス停二個分くらい構内をあるくのだけど。

エスカレーターではなくて平坦なベルトコンベア風なものがあるのん。

でもね、やたら遅い。普通に横を歩く人に抜かれるの。でも、立っている人を縫って、そこを歩いている人がいた。

歩いてみると。はえーの!なんか飛ぶような気分。試しに同僚を追い出して普通の通路を併走させると、小走りするくらいの速さがある。

つまり、前進するものの上を移動すると、もっと移動効率がよくなる。という定理を発見したわけだ。


で、田舎の電車は車両が少ないよな、って話になる。うん。回りくどいけど。最後はくるりんぱって戻ってくっから。

例えば仙台~石巻間の電車は普通は六両くらいかな?ピーク時に調整すんだろうけど。

山手線なんかはどうなんだろ。けっこう頻繁に列車は来るけど。あれでも皆、いらいら待つんでしょ?
要は、車両数が多ければみんな乗れる、と。

環状線なら。全部車両で埋めたらいんじゃないか。全線が車両だから。人は電車を待つのではなく。電車が止まるのを待つ。

んじゃあ駅のフォームからはみ出す車両もあるんじゃん、と思うだろうが。環状線なんだから、プラットフォームも地続きの円にしちゃえばいいのだ。
つまり駅名はプラットフォームではなく、その地区に止まった車両の呼び名となるのじゃ。

むろん、その時によって止まる車両は違うから。何分のに乗れば「渋谷は48号車だな」と乱数表を持ってればよく、それに従って車両内を移動する。

うう。ここでさっきの理系の話が。走る車内を移動するのだ。

電車が前に走っているときに。四両目に立ってジャンプしたら。電車は前に進んでいるのだから。一両目に着地するのだ。

とかゆいません。オリだって。たしかフレミングの法則で右手を猫の手にするとわかるんだけど、ジャンプしても同じスピードで移動するから、同じ場所に着地すんだよね。

んじゃあ、ジャンプしないで車内を走ったらどうなのか。やや難しい。科学の子だけど。

わかりやすく、一車両で200メートルの電車が走っていて20秒後に止まると。

最後尾からオリと宇佐院ボルトが走るとする。電車がとまった時点で最寄の出口からホームにでると。

ボルトはオレのはるか先のホームに立っているはずだ。

つまり動く歩道上を前方に移動する効果は電車でも同じなのだ。(けっこう自信ないなあ)

山手線は単線じゃなくて。移動したい方向は一定しているから。

列車の中は一方通行にできるはずだ。

これなら、節電になるお!














んと。

もしかすっと。

ながながくどくど述べてきて。

結論がこれ?

とか。

少し思った?

ホントは、やや思ったでしょ?


バガにしてもらっちゃこまんの!オリはそのていどの人間じゃないかんね。

続きがあるさあ!(もういいよと思った方は後日ごらんください)




これは新幹線にも使えるのだ。

新幹線の車両幅を広くして、普通に苦もなく歩けるようにすれば、早く着く。

でも新幹線は単線じゃないけど環状線じゃないおね?線路の空きを全て車両で埋めたら。I線になるから上下共に動けない。んじゃあ、往路と復路を繋げて限りなく直線に近い楕円系の環状線にすんの。

そうすると。おお!

世界最長のアーケードができるんだおね。

車内には、自転車通行帯とか電気三輪車通行帯もつくって。動かないのでは時間がかかるので。三日に一度は全車両を運行して。

他は車内で人間が移動する。

時間は数日かかったりするから。車内の両脇に。ホテルやスーパー銭湯、居酒屋や牛丼やも並ぶ。

いつのまにか。父親の出張を見送った母子も。

一週間以上は普通なんだとのんびりかまえ。

仕事上は、テレビ電話やネット、スカイプで済むことも多いと理解され。

別に300キロもスピードをだして。

しなければならないことは多くはないと考えられ。

それでも電車だから。

雨の日も。台風の日も。強風の日も。雪の日も。

夏は涼しく。冬は暖かく。

いつだってTシャツ一枚で散歩のように歩いてゆけるアーケードになるわけで。

いつか。

電車は。

動かなくてもいい日がくるのかもしれない。








うん。

コメントもらうまえに予想したっす。

オマイは!みんなが残暑のなかで。

必死に働いているのに。




篭って。

そんなこと考えてたのかよ!って。





























そうだけど。


あやまんないもんね。

もんね。
| しょうもない話 | COM(12) | | TB(0) | |
2011-09-04 (Sun)


いまになってみれば。

うまれてから過す時には、だれも現れなかったほうがいいようなきもして。

時よ止まれ、と思う人もおおいのだろうけれど。

オレは。

どこで止めればよかったのかわからない。

貧乏でもなく裕福でもなかった子供時代がよかったかというと。

病気もあったし、なにより自分で自分の生活が決められないのがダメだった。

じゃあ、父も死んで、やや自由になった高校や大学は?といえば。

なにものにもなれなかった後悔だけを残しており。

娘ができて三人で暮らしたときでさえ。

もっといい生活があるんじゃないかと思い。

そのごには今の無職生活になったわけだけど。

そうでも、そうじゃなくても。時は進む。

まいにち。ふにふにと時をすごせば。

オレは十年年をとって。

そこそこタフだった母は、77歳になってる。

これは、けっこう問題な年齢で。

災害で、「77歳の女性と、4歳の女児が取り残されています」

というときには誰もが。

「77歳はもういいぢゃん」と思うだろう。

けど、77歳は、手術して生きる気まんまんで。かといって98歳まで生きられるかはわからんけど。

本人的にはそうなのだ。きっと99歳の人だって生きたいのだと思う。

望んではいなかったけど時は止まっていなかったよな。

オレは子供が子供でいてカワイイままの状態がいいかと考えればそうは思えず。自分も同じだけれど。早く干渉されない大人になりたかったし。

オレがダメなのはどうでもいいとしよう。できれば娘の好きだった義母も生きていればよかったかな。


なんというか。

もう時に追い越されていまったきがして。

いくら、オレが、記事や、絵を書いたとしても。

それは、はらはらと火鉢の上にまいちって。

ぱあっと燃えてしまうようなきがする。

なまねこなまねこ
| ブログ | COM(10) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。